よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 赤ちゃんからの御礼の意味を込めて送る出産内祝いは失礼がないように

赤ちゃんからの御礼の意味を込めて送る出産内祝いは失礼がないように

出産内祝いは、出産祝いを頂いた相手に贈るお返しのギフトです。
生まれてきて初めて贈る赤ちゃんからの御礼の意味もありますので、できるだけ相手に失礼のないようにしたい物です。
出産内祝いは頂いて1ヶ月以内にお返しとして贈るのが通例です。
時期を逃すと忘れた頃に届いてびっくりされることもあります。
また、どうして贈られたか分からないと、先方を困らせることになりかねないので、熨斗と挨拶状は忘れずに付けるようにしましょう。
挨拶状代わりに簡単なメッセージを記載したカードを付けても構いません。
赤ちゃんの名前を覚えてもらうために、名前とふりがなも付けると親切です。
熨斗に赤ちゃんの名前を記載しますが、肝心の読み方が分からない場合もありますので、メッセージに入れておく方が無難でしょう。
専門のギフトショップや赤ちゃん用の品を置いてあるギフトコーナーでは、マナーに適うように熨斗やラッピングの対応はしますし、写真付きのメッセージカードを無料で作成するサービスを受け付けている所もあります。


出産内祝いを贈る場合、品物の値段にも気を配りたいです。
出産内祝いのアンケート調査では、出産内祝いの品物が贈った金額よりも高くて恐縮したという回答もありますし、かなり安い品物を贈られて気分が悪かったという答えもあります。
頂いた相手のことを気遣い奮発して良い物を贈っても、費用がかさんだために値段を落としても評価が良くないと考えられるでしょう。
御祝いの金額の3分の1~2分の1くらいの金額でお返しの品物を選ぶと良いとされています。
一律で同じ物を贈るのではなく、贈り分けするようにしましょう。
どの年代の方でも共通して失礼だと感じているのが、3分の1よりも低い価格の品物を頂いた時です。
逆にシニア層の方が高い物を頂くと恐縮する傾向にありますので、ご祝儀の2分の1程度を目安に出産内祝いの品物を贈るようにするのがおすすめです。


出産内祝いの品物を選ぶのに、何を選んだら良いか困ってしまうことがあります。
できるだけ使ってもらいやすい物を選ぶようにしてください。
頂いても困らない日用品や嗜好に合うお菓子等の食品や飲み物がおすすめです。
勤務先の同僚がまとめて、一律でご祝儀やベビー用品などを贈って御祝いをしてくれた場合は、職場で分けやすい個包装のお菓子やスティックタイプの飲み物等がいいでしょう。
仕事の合間や終業後などに口にしてもらえ余ることがありません。
できれば、好みに困らない様々な種類が入っているタイプが望ましいです。
親族や友人が個々に御祝いを用意した場合は、高級なタオルや相手が好みそうなお菓子などのもらっても困らない物を渡すといいでしょう。
コーヒーや紅茶が好きな方なら、飲み物でも構いません。
相手が好みそうな品物が分からなければ、カタログギフトを選ぶのもおすすめです。
出産内祝いに相応しい表紙で、万人に好まれそうな品物が記載されています。