よくわかる!出産内祝いの基礎知識

LINE UP

トップページ > 出産内祝いについて > 出産内祝いを贈る際の熨斗について

出産内祝いを贈る際の熨斗について

出産祝いを頂いた際には、出産内祝いを贈ることになりますが、その際には熨斗を付けて贈るのがマナーとなっています。
出産内祝いの品物を、贈り先の自宅へ持参したり、直接あって渡すことができる場合は、紅白蝶結びの水引ののし紙に、内祝と表書きして下に赤ちゃんの名前のみを書くようにしましょう。
内祝いを贈る夫婦の名前ではなく、赤ちゃんの名前を書くことがポイントです。
祝いをいただいた方に、赤ちゃんの名前を知らせるという意味合いもあり、読みにくい名前はもちろんのこと読みやすい名前でも必ずふりがなをふっておくようにしましょう。
熨斗には内熨斗と外熨斗があり、どちらでもマナー違反というわけではありませんが、内祝いの際には内熨斗にしておくことが多いです。
地域による習慣の違いもあるので気をつけましょう。


一昔前は出産内祝いは、直接相手に手渡しをすることが大半でしたが、時代の変化とともにその考えに変化が生まれています。
出産後は子供も小さくママの体調も思うように回復しないということもあるので、配送でもマナー違反ではないとされており、配送を選ぶ人が多くなりました。
ギフト専門店などを通じての配送の手配をしておけば、きちんと熨斗紙をかけて送ってもらうことができらようになっており、大変便利で手間もかかりません。
配送の場合は、個人情報の保護や配送中に熨斗紙が破れてしまったり汚れてしまったりすることを避けるためにも、内のしが選んでおくようにしましょう。
配送の際には熨斗紙だけではなく、祝いを頂いたことに対する感謝の気持ちをメッセージカードや手紙に書いて添えて送るというのも重要になってきます。


内祝いを購入する際に、熨斗を付けてもらうことができる際には問題はありませんが、中には熨斗は付けることができないと断られてしまうこともあります。
その際には、自分で熨斗をつけなくてはならないのかと考えてしまいがちではないでしょうか。
しかし熨斗紙は、必ずしもつけなくてはならないという決まりがあるものではありません。
きちんとした包装がしてあるものであれば、無理に熨斗紙をつける必要はないということを頭に置いておくようにしましょう。
ですが、やはり目上の人に贈る内祝いの場合には、熨斗を付けておくことがマナーといえます。
目上の人や高齢の人となれば、マナーやしきたりに関してうるさい人も多くなるので、不安という場合には熨斗を付けてもらえるところで購入するようにしておきましょう。